情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

ストラテジ系―情報処理試験対策用のサイトオリジナル教科書

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系

情報処理試験対策用のサイトオリジナル教科書をテーマにストラテジ系の知識をまとめています。

目次

このページの目次です。

システム戦略

経営戦略

企業と法務

更新履歴

システム戦略

システム戦略についてまとめています。

情報システム戦略

ERP(読み方はイーアールピー、IT用語略語)やシステム管理基準、エンタープライズアーキテクチャ、共通フレームなど情報システム戦略に関連した知識をまとめています。

詳細

業務プロセス

BPM、BPR、BPOの意味、違いなど、業務プロセスの改善と問題解決に関する考え方、代表的な手法についてまとめています。

詳細

ソリューションビジネス

ソリューションビジネスとは何か、it用語のソリューションの意味、ソリューションビジネスの種類、情報処理試験対策の問題など関連知識をまとめています。

詳細

システム活用促進・評価

情報リテラシーの確立、データ活用、普及啓発など、情報システム活用促進、評価についてまとめています。

詳細

システム企画

システム企画をテーマに見ていきます。

システム化計画

システム化計画の立案時の検討で使用されるIT投資ポートフォリオとは何か、システム化計画との位置づけと合わせて、意味や目的をまとめています。

詳細

要件定義

要件定義プロセスは、システムのライフサイクルプロセスの一つに位置づけられます。

要件定義プロセスで実施すべき事項

要件定義プロセスで実施すべき事項として、 システムに関わり合いをもつ利害関係者の種類を識別し、 利害関係者のニーズ及び要望並びに課せられる制約条件を識別する事があげられます。

要件定義プロセスで実施する作業

要件定義プロセスでは、どのようなシステムを構築するかを、機能、性能、利用方法などの観点で、 利用者側と開発者側で明確にする作業を行います。

機能要件と非機能要件

要件定義プロセスで定義するシステム化の要件には、機能要件と非機能要件があります。

業務要件を実現するために必要なシステム機能を明らかにする機能要件と、それ以外の技術要件や運用要件などを明らかにする非機能要件があります。

例えば、「業務機能間のデータの流れ」は機能要件になります。 非機能要件は「システム監視のサイクル」「障害発生時の許容復旧時間」などのような要件です。

要件定義では、機能要件や非機能要件などの内容を明確化します。

機能要件定義

機能要件とは、システムやソフトウェアが実行すべき機能を記述したものです。 利用者の要求を満足するためにシステムやソフトウェアが実現しなければならない機能、業務機能です。

機能要件定義では、業務要件を実現するために必要なシステム機能を明らかにします。機能要件の項目は以下です。

非機能要件定義

非機能要件とは、性能や連続稼働時間などの制約・品質に関する要求を指します。 機能要件以外の性能、容量、情報セキュリティ、拡張などすべての要件です。

非機能要件定義では、以外の技術要件や運用要件などを明らかにします。非機能要件の項目は以下です。

要件定義に関連したIPA情報処理試験の過去問

以下では要件定義に関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

システム利用促進・評価に関連した参考書籍

システム利用促進・評価に関連した参考書籍です。目次や参考いたしました内容をまとめています。

調達計画・実施

RFI(情報提供依頼書)、RFPなど調達計画・実施についてまとめています。

詳細

経営戦略

経営戦略についてまとめています。

経営戦略マネジメント

経営戦略マネジメントをテーマに見ていきます。

経営戦略手法

PPM分析、SWOT分析、アンゾフの成長マトリックスなど、経営戦略手法をテーマに知識をまとめています。

詳細

マーケティング

コモディティ化とは何かを中心に、コモディティ化の意味や対義語から製品戦略や価格戦略など、マーケティング戦略についての知識をまとめています。

詳細

ビジネス戦略と目標・評価

ビジネス戦略と目標・評価について見ていきます。

目標設定及び評価のための代表的な情報分析手法

バランスコアカードなど目標設定及び評価のための代表的な情報分析手法について見ていきます。

バランススコアカード

バランススコアカードとは何かの説明を企業業績の4つの視点、KPIの目標例を含めて解説しています。

詳細

経営管理システム

CRMとは何かやSFAのITパスポートの問題など、経営管理システム関連の情報をまとめています。

詳細

技術戦略マネジメント

技術戦略マネジメントをテーマに見ていきます。

技術開発戦略の立案

技術開発戦略の目的はイノベーションの促進。シュンペーターの想像的破壊、イノベーションの事例など技術開発戦略の立案をテーマに知識をまとめています。

詳細

技術開発計画

経営戦略や技術開発戦略に基づいて作成される技術開発計画の目的と内容、立案に当たっての考え方についてまとめていきます。

技術開発計画

経営戦略や技術開発戦略に基づいて作成される技術開発計画について見ていきます。

CE(コンカレントエンジニアリング)

CE(コンカレントエンジニアリング)とは、 製品の企画、設計、生産などの各工程をできるだけ並行して進めることによって、全体のリードタイムを短縮する手法です。

技術開発のロードマップ

技術開発の具体的なシナリオとして、科学的裏付とコンセンサスのとれた未来像を時系列 で描くロードマップについて見ていきます。

ロードマップ

ロードマップは、技術開発の推進において、進捗を評価したり、関連技術との整合性をチェックしたりする際に、 以下のような図のことをいいます。

ロードマップの例

研究開発への取組みによる要素技術や、求められる機能などの進展の道筋を時間軸上に記載した図です。

技術ロードマップの特徴

技術ロードマップには時間軸を考慮した技術投資の予算及び人材配分の計画がしやすいという特徴があります。

技術開発計画に関連したIPA情報処理試験の過去問

ビジネスインダストリ

ビジネスインダストリについて見ていきます。

ビジネスシステム

ビジネスシステムをテーマに、IoTの読み方、意味などの基礎知識、各種ビジネス分野に用いられる情報システムの特徴、代表例、動向をまとめています。

詳細

エンジニアリングシステム

エンジニアリングシステムについて見ていきます。

生産の自動制御

生産の自動制御についてです。

JIT(Just In Time: ジャストインタイム)

Just In Timeの導入によって解決が期待できる課題としては半製品や部品在庫数を削減があげられます。

生産システム

生産システムについてです。

正味所要量

正味所要量とは、品目の要求量に対し在庫や注残を引当てた後の実際に手配を必要とする数量を示します。以下は正味所要量の計算例です。

ある期間の生産計画において、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、ほかの在庫残、仕掛残、注文残、引当残などはないものとする場合の 図の部品表で表わされる製品Aの需要量が10個であるときの部品Dの正味所要量を求めます。

問71 正味所要量の計算―平成21年春期応用情報技術者

製品Aの需要量10個に対する部品Dの正味所要量(ここでは、需要量-在庫)をもとめます。

部品Dの需要量は、製品Aが1個に対してユニットBが4個、ユニットCが1個あり、ユニットBは1個当たり3個の部品D、ユニットCは1個当たり1個の部品Dが必要です。 (4×3+1×1)×10個=130個が需要量となります。

在庫は、ユニットBが1個当たり3個の部品Dが必要なので、5×3+25=40個になります。

よって、「需要量130-在庫40=正味所要量90」となり、部品Dの正味所要量は90個になります。

MRP

MRPとは、Materials Requirements Planningの略で、資源管理所要量計画と訳される資材の所要量の計画あるいは計算する手法です。

MRPでは、部品構成表を用いて基準生産計画を行い、手持ち在庫量、製品仕掛数、発注残数、調達期間(リードタイム)などの情報をもとに、製造指示のための計画を作成します。

MRPで改善が期待できる場面は、例えば、MRPを用いることにより「製造に必要な資材及びその必要量に関する情報が複雑で、発注量の算出を誤りやすく、生産効率が上がらない」といった場面で改善が期待できます。

FMS(Flexible Manufacturing System)

FMS(Flexible Manufacturing System)とは、多品種・小ロット生産に対応した、柔軟な生産システムのことをいいます。 製品の開発から出荷までの工程を開発、生産計画、製造、出荷とするとき、FMSの導入によって、省力化、高効率化できる工程は製造工程です。

エンジニアリングシステムに関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではエンジニアリングシステムに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

e-ビジネス

e-ビジネスをテーマに、RFIDの読み方は「アールエフアイディー」、RFIDタグとは何か、EDIとは何か、読み方や意味を解説しています。

詳細

民生機器

民生機器をテーマに組込みシステムと民関機器の例などの解説と問題をまとめています。

詳細

産業機器

産業機器に関連する内容についてまとめていきます。

ディジタルサイネージ

ディジタルサイネージとは、ディスプレイに映像、文字などの情報を表示する電子看板のことを言います。

サイネージの意味

サイネージとは、英語のsignageのことで、看板や標識を意味する言葉です。

ディジタルサイネージの別の呼び方

ディジタルサイネージは、電子POP、電子ポスター、電子看板システム、電子掲示板、電子広告板などたくさんの別の呼び方があります。

ディジタルサイネージの仕組み

表示部分は、プラズマディスプレイ、LCD、LED、VFD、映像プロジェクタなどによって文字・動画・静止画を表示します。 その他、コントロール部、ストレージ部などによって構成されています。

ディジタルサイネージの活用

ディジタルサイネージは、街頭、店頭、公共施設、駅、空港、病院などに設置されて、広告や案内表示などで活用されています。

産業機器に関連したIPA情報処理試験の過去問

以下では産業機器に関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

企業と法務

企業と法務についてまとめています。

企業活動

企業活動をテーマにまとめています。

経営・組織論

企業活動から経営管理、行動科学、コッターやレヴィンのリーダーシップ、リスクマネジメントなど経営・組織論の基礎知識をまとめています。

詳細

OR・IE

抜取検査のQC曲線、浮動棒グラフや積上げ棒グラフなどのグラフの使い方、などOR・IEの知識をまとめています。

詳細

会計・財務

設備投資やWebマーケティングなどマーケティングでも使用される投下資本利益率(ROI、ROIC)の計算式、計算方法など、会計・財務をテーマに知識をまとめています。

詳細

法務

ITの法務をテーマにサイバーセキュリティ基本法などITの法律、ガイドライン、標準化一覧情報をまとめています。

詳細

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク