情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

経営戦略手法―SWOT分析、バリューチェーン分析、アンゾフの成長マトリクスなど。

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 経営戦略 経営戦略マネジメント 経営戦略手法

経営戦略とは何かから、経営戦略のフレームワークを解説。SWOT分析、PPM分析、バリューチェーン分析、アンゾフの成長マトリックスなど、経営戦略関連の手法についてまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. 経営戦略

2. 全社戦略

3. 事業戦略

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. 経営戦略

経営戦略は、自社を取り巻く環境変化に対応しながら長期的な目標を達成するための企業活動の方向付けをする活動です。

2. 全社戦略

全社戦略の代表的な手法について見ていきます。

PPM分析

PPM分析とは、戦略的観点から経営資源の配分が最も効率的・効果的となる製品・事業相互の組み合わせを決定するための経営分析・管理手法です。 多種類の製品を生産・販売したり、複数の事業を行ったりしている企業向けの分析手法です。 PPMは、Product Portfolio Managementの略です。

詳細では、PPM分析とは何かを具体例と合わせて解説。PPM分析表を作ってプロットするまでのやり方を手順にそって具体例としてまとめています。

詳細

3. 事業戦略

事業戦略の代表的な手法について見ていきます。

競争戦略の策定

競争戦略の策定について見ていきます。

競争の基本戦略

競争戦略には基本戦略があります。競争の基本戦略について見ていきます。

ニッチ戦略

ニッチ戦略は、競争の基本戦略の一つで特定の市場に集中して取り組む戦略のことをいいます。

SWOT分析

SWOT分析とは、経営戦略を立てるために、自社の強みと弱み、機会と脅威を分析する手法です。 他の分析手法などの結果をまとめるのに適しており、各種分析のまとめとして用いられます。

SWOTはStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字をとったものです。

Strength:強み、Weakness:弱み

内部的な観点で戦略に使える点をあげます。

強み、弱みの例

Opportunity:機会、Threat:脅威

外部的な観点で戦略に使える点をあげます。

機会、脅威の例

参考)SWOT分析とは

SWOT(Strength,Weakness,Opportunity,Threat:強み,弱み,機会,脅威)分析とは、 読み方は、「すわっとぶんせき」。SWOT分析は、戦略の構築や現状の評価を行うためのフレームワークです。内部の強みと弱み、取り巻く環境での機会と脅威を記述して分析します。

詳細

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、基本戦略から1つの戦略を選択するために、企業の競争優位の源泉を分析する手法です。 企業が提供する製品やサービスの付加価値が事業活動のどの部分で生み出されているかを分析するための考え方です。 別名で価値連鎖分析といいます。

バリューチェーン(価値連鎖)は、原材料の調達から製品やサービスが顧客に届くまでの企業活動を、一連の価値(バリュー)の連鎖(チェーン)としてとらえた考え方です。

マイケル・ポーターは、バリューチェーンの概念を、購買物流、製造、出荷物流、マーケティング・販売、サービスの5つの主要活動と全般管理、人事労務管理、技術開発、調達活動の4つに分類しています。

成長マトリクス

成長マトリクスとは、アンゾフによって提唱された戦略立案モデルです。

製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する事業戦略に利用する手法の1つです。

市場浸透の事例

たとえば、日用品メーカが、店頭販売員を増員して基幹商品の販売を拡大するといった事例が市場浸透の事業戦略の事例になります。

事業戦略に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下では事業戦略に関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク