情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

経営戦略手法―SWOT分析、バリューチェーン分析、アンゾフの成長マトリクスなど。

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 経営戦略 経営戦略マネジメント 経営戦略手法

経営戦略とは何かから、経営戦略のフレームワークを解説。SWOT分析、PPM分析、バリューチェーン分析、アンゾフの成長マトリックスなど、経営戦略関連の手法についてまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. 経営戦略

2. 全社戦略

3. 事業戦略

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. 経営戦略

経営戦略は、たとえば“継続的成長を達成するために、売上が低迷している事業領域Aから撤退し、 その経営資源を事業領域Bを強化するために投入する。”という事例のように 自社を取り巻く環境変化に対応しながら長期的な目標を達成するための企業活動の方向付けをする活動です。

経営理念

企業の経営理念を策定する意義は、企業の存在理由や価値観を明確にすることができる点です。

ベンチマーキング

企業経営で用いられるベンチマーキングは、 自社の製品やサービスを測定し、他社の優れたそれらと比較することをいいます。

経営戦略に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下では経営戦略に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

2. 全社戦略

全社戦略の代表的な手法について見ていきます。

全社戦略の策定

全社戦略は企業全体としてどう進むかを決める戦略になります。 ここでは全社戦略の策定に関連した情報をまとめていきます。

全社戦略とは

全社戦略とは、企業戦略ともいい、企業が市場で生き残るために、とるべき活動の計画・方法のことをいいます。

具体的な戦略立案に先立ち、企業理念を明確にし、企業理念を実現するための目標・計画を詳細に決定します。 戦略の決定はトップの決断によることが多いですが、戦略に基づいて行動するのはトップ以下の全員であり、一人ひとりの意識が成功へと導く要素となります。

全社戦略の位置づけと事業戦略との違い

全社戦略は企業の最上位に当たる戦略で企業全体としてどのような方向性で経営していくかを決める戦略です。 一方、事業戦略はどのような行動をとり優位性を構築するかという全社戦略よりも下位の層を定義する戦略です。

全社戦略の位置づけと事業戦略との違い

アライアンス

アライアンスは、他社との組織的統合をすることなく、 自社にない技術や自社の技術の弱い部分を他社の優れた技術で補完したいときに用いる戦略です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングについて見ていきます。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを意味する言葉です。

クラウドファンディングの類型

クラウドファンディングには、購入型、融資型、投資型・株式型、寄付型といった類型があります。

クラウドファンディングの事例

クラウドファンディングの事例として、 インターネットなどを通じて、不特定多数の人から広く寄付を集める例があげられます。

全社戦略の策定に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下では全社戦略の策定に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

PPM分析

PPM分析とは、戦略的観点から経営資源の配分が最も効率的・効果的となる製品・事業相互の組み合わせを決定するための経営分析・管理手法です。 多種類の製品を生産・販売したり、複数の事業を行ったりしている企業向けの分析手法です。 PPMは、Product Portfolio Managementの略です。

詳細では、PPM分析とは何かを具体例と合わせて解説。PPM分析表を作ってプロットするまでのやり方を手順にそって具体例としてまとめています。

詳細

ジョイントベンチャ

ジョイントベンチャは、企業のアプライアンス戦略の一つで、2社以上の企業が共同出資1して経営する企業のことをいいます。

ジョイントベンチャに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではジョイントベンチャに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

3. 事業戦略

事業戦略の代表的な手法について見ていきます。

競争戦略の策定

競争戦略の策定について見ていきます。

競争の基本戦略

競争戦略には基本戦略があります。競争の基本戦略について見ていきます。

ニッチ戦略

ニッチ戦略は、競争の基本戦略の一つで特定の市場に集中して取り組む戦略のことをいいます。

競争戦略の策定に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下では競争戦略の策定に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

SWOT分析

SWOT分析とは、経営戦略を立てるために、自社の強みと弱み、機会と脅威を分析する手法です。 他の分析手法などの結果をまとめるのに適しており、各種分析のまとめとして用いられます。

SWOTはStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字をとったものです。

Strength:強み、Weakness:弱み

内部的な観点で戦略に使える点をあげます。

強み、弱みの例

Opportunity:機会、Threat:脅威

外部的な観点で戦略に使える点をあげます。

機会、脅威の例

参考)SWOT分析とは

SWOT(Strength,Weakness,Opportunity,Threat:強み,弱み,機会,脅威)分析とは、 読み方は、「すわっとぶんせき」。SWOT分析は、戦略の構築や現状の評価を行うためのフレームワークです。内部の強みと弱み、取り巻く環境での機会と脅威を記述して分析します。

詳細

SWOT分析に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではSWOT分析に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、基本戦略から1つの戦略を選択するために、企業の競争優位の源泉を分析する手法です。 バリュー・チェーンとはどのようなものか、またバリューチェーン分析とはどのようなものなのか、マイケルポーターの概念など解説していきます。

詳細

成長マトリクス

成長マトリクスとは、アンゾフによって提唱された戦略立案モデルです。

製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する事業戦略に利用する手法の1つです。

アンゾフの成長マトリックス

既存市場と新市場、既存製品と新製品でできるマトリックスの四つのセルに企業の成長戦略を表す 市場開発戦略、市場浸透戦略、製品開発戦略、多角化戦略を位置づけると以下のようになります。

既存製品新製品
既存市場市場浸透戦略製品開発戦略
新市場市場開発戦略多角化戦略

市場浸透の事例

たとえば、日用品メーカが、店頭販売員を増員して基幹商品の販売を拡大するといった事例が市場浸透の事業戦略の事例になります。

成長マトリクスに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下では成長マトリクスに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク