情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

マネジメント系―情報処理試験対策用のサイトオリジナル教科書

トップ 情報処理の知識体系 マネジメント系

情報処理試験対策用のサイトオリジナル教科書をテーマにマネジメント系の知識をまとめています。

目次

このページの目次です。

プロジェクトマネジメント

サービスマネジメント

更新履歴

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントの知識をまとめています。

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントではプロジェクトをマネジメントします。

プロジェクトの特徴は期間を限定して特定の目標を達成することです。 プロジェクトは、目的を達成するために実施する有期的な活動で、プロジェクトには開始日と終了日があります。

また、プロジェクトを円滑に推進して目的を達成するために、計画する(Plan)、計画に沿って作業を進める(Do)、計画と実績の差異を検証する(Check)、差異の原因へ対処する(Act)の PDCAマネジメントサイクルで管理します。

PMBOK

PMBOKとは、Project Management Body of Knowlodgeの略で、プロジェクトマネジメントの知識体系のことを言います。 プロジェクトマネジメントに関するノウハウや手法を体系立ててまとめられています。

プロジェクトマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクトマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクト統合マネジメント

プロジェクト統合マネジメントは、プロジェクトマネジメント活動のプロセスグループを統合的に管理、調整することが目的のマネジメントです。

PMBOKの統合変更管理プロセス

PMBOKの統合変更管理プロセスは、 「すべての変更要求をレビューし、変更を承認し、さらに要素成果物、組織のプロセス資産、プロジェクト文書、プロジェクトマネジメント計画書等への変更をマネジメントするプロセス」と定義されるプロセスになります。

コンフィギュレーション・マネジメント

コンフィギュレーション・マネジメントとは、 PMBOKの統合変更管理プロセスにおいて、プロジェクトのプロダクト、サービス、所産、構成要素などに対する変更と実施状況を記録・報告したり、要求事項への適合性を検証する活動を支援したりする活動です。 プロジェクトのすべての変更管理をレビュー時、変更管理を承認しマネジメントするプロセスになります。

プロジェクト統合マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクト統合マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクトステークホルダマネジメント

プロジェクトステークホルダマネジメントについて見ていきます。

プロジェクトステークホルダマネジメントの目的と考え方

プロジェクトステークホルダマネジメントの目的と考え方について見ていきます。

ステークホルダ

システム開発プロジェクトにおけるステークホルダは、開発したシステムの利用者や、開発部門の担当者などのプロジェクトに関わる個人や組織です。

プロジェクトステークホルダマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクトステークホルダマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクト・スコープ・マネジメント

プロジェクト・スコープ・マネジメントについてまとめています。

プロジェクト・スコープ・マネジメントの目的と考え方

プロジェクトにおいて、必要な作業を過不足なく含め、プロジェクトを成功させること、プロジェクトの構成者個々のスコープ管理が重要です。

WBS

WBSとは、プロジェクトを完了するために必要な全ての作業を書き出し、重層的系統図で表したものです。 WBSは、Work Breakdown Structureの略です。

WBSは、個々の作業量を見積もり、それについての具体的な計画を立て、実行していくための標準的な技法です。 WBSにより、作業の内容や範囲が体系的に整理でき、作業の全体が把握しやすくなります。 また、WBSにあげた1つひとつの作業が完了すれば、プロジェクトが完了します。

WBSの作成について

WBSは、成果物を作成するのに必要な作業を分解して定義する必要があります。

プロジェクトスコープマネジメントのプロセス

プロジェクトスコープマネジメントのプロセスについて見ていきます。

スコープコントロール

スコープコントロールでは、連携する計画であった外部システムのリリースが延期になったので、この外部システムとの連携に関わる作業は別プロジェクトで実施するといった活動を行います。

プロジェクト・スコープ・マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクト・スコープ・マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクト資源マネジメント

プロジェクト資源マネジメントについて見ていきます。

プロジェクトへ追加する要員数の計算の例

開発プロジェクトの見積工数は88人月で、作業を開始した1月から5月末までは各月に10名を投入、5月末時点で40人月分の作業が完了。 6月以降のすべての要員の作業効率は、5月までの要員と同じとします。 8月末までにプロジェクトを完了する必要がある場合、6月以降は最低何名の要員を追加する必要があるか計算を行います。

上記の情報より、計算すると6月以降の追加要員は10名であることがわかります。 (計算例は以下。)

プロジェクトチームの育成

ISO 21500:2012(プロジェクトマネジメントの手引き(英和対訳版))によれば、プロジェクト資源マネジメントにおけるプロセス“プロジェクトチームの育成”は、 継続的にプロジェクトチームのメンバのパフォーマンス及び相互関係を改善することを目的に活動します。

プロジェクト資源マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクト資源マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクト・タイム・マネジメント

PERT図からのクリティカルパスの求め方などプロジェクト・タイム・マネジメントについてまとめています。

詳細

プロジェクトコストマネジメント

プロジェクトコストマネジメントについて触れます。

代表的なコスト見積手法とコスト管理手法

代表的なコスト見積手法、コスト管理手法の特徴を見ていきます。

パラメトリック見積法

パラメトリック見積法は、関連する過去のデータとその他の変数との統計的関係を用いて、プロジェクトにおける作業のコストを見積もる方法です。

プロジェクトコストマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクトコストマネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

プロジェクト・リスク・マネジメント

回避、転嫁、軽減、受容といったPMBOKのリスク区分などプロジェクト・リスク・マネジメントについてまとめています。

詳細

プロジェクト品質マネジメント

プロジェクト品質マネジメントについて見ていきます。

プロジェクト品質マネジメントの目的と考え方

プロジェクト品質マネジメントは、プロジェクトが取り組むニーズを満足させることを目的します。 そして、品質方針、目標、責任を定め、それらを達成するために、必要なプロセスを実施していきます。

プロジェクト品質マネジメントで行う活動は、成果物の受入れ基準などを遵守するために、必要な作業の手順や達成の度合いを測る尺度を定めて管理します。

プロジェクト品質マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではプロジェクト品質マネジメントに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

サービスマネジメント

サービスマネジメントの知識をまとめています。

サービスマネジメント

サービスマネジメントをテーマに、入門知識をまとめています。 サービスマネジメントの目的と考え方、サービスマネジメントシステムの確立及び改善、ITIL、代表的なSLA項目やサービスカタログなどITサービスマネジメントについてまとめています。 サービスマネジメント関連の参考書積、情報処理試験の過去問もまとめています。

詳細

システム監査・内部統制

監査証跡やエディットバリデーションチェックとは何かなど、システム監査および内部統制の知識をまとめています。

詳細

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク