情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

業務プロセス―BPM、BPR、BPOの意味、違いなど。

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 システム戦略 業務プロセス

BPM、BPR、BPOの意味、違いなど、業務プロセスの改善と問題解決に関する考え方、代表的な手法についてまとめています。

目次

このページの目次です。

1. 業務プロセスの改善と問題解決

2. ITの有効活用

業務プロセスに関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. 業務プロセスの改善と問題解決

業務プロセスの改善と問題解決について見ていきます。

BPM(ビジネスプロセスマネジメント)

BPM(Business Process Management:ビジネスプロセスマネジメント)は、 社内でPDCAサイクルを継続的に適用するという方法によって、製造部門における歩留りの向上を実現したというような 事例が示すような業務改善の考え方を示す用語です。

PDCA

PDCAとは、Plan Do Check Actionの略で、業務プロセスの問題点を洗い出して、目標設定、実行、チェック、修正行動のマネジメントサイクルを適用し、継続的な改善を図る手法です。 企業の業務運営におけるPDCAサイクルでは、C(Check)で業務の実行状況をKPIに基づいて測定、評価します。

BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)

BPR(Business Process Reengineering:ビジネスプロセスリエンジニアリング)は、 業務プロセスを抜本的に見直したいときなどに適用する手法です。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

自社の管理部門やコールセンタなど特定部門の業務プロセス全般を、 業務システムの運用などと一体として外部の専門業者に委託することを BPO(Business Process Outsourcing:ビジネスプロセスアウトソーシング)といいます。

オフショア開発

オフショア開発は、安価な労働力を大量に得られることを狙いに、 システム開発を海外の事業者や海外の子会社に委託する開発形態です。

RPA(Robotic Process Automation)

RPA(Robotic Process Automation)は、ホワイトカラーの定型的な事務作業を、 ソフトウェアで実現されたロボットに代替させることによって、自動化や効率化を図ることをいいます。

業務プロセスの可視化の手法

業務プロセスの可視化の手法について見ていきます。

DFD

業務プロセスをデータの流れに着目して表現する場合に、DFDが使えます。

DFDとは、Data Flow Diagramの略で、データフローダイアグラムといい、システム間のデータの流れを示す図です。 システム化を図る際にプロセスモデルを表現する方法として、データの流れに着目してモデル化します。

DFDの記述例
図 DFDの記述例

DFDの作成手順は、現物理モデル→現論理モデル→新論理モデル→新物理モデルの順で作成します。

まず現行業務の調査・分析を行い現物理DFDを作成し、次に現行システムの本質をとらえ現論理DFDを作成します。 そして、現行のモデルを元に新システムをモデル化し、新論理DFDを作成します。 最後に作成した新論理DFDを元にマン・マシンインターフェースを設定し、新物理DFDを作成します。

UML

UMLは、システムの設計結果を可視化し、文書化するために用いられる言語です。 クラス図の集約の矢印など、図の種類、意味、書き方など、UMLとはどのようなものかまとめています。

2. ITの有効活用

ITの有効活用について見ていきます。

グループウェアの機能を利用した事例

グループウェアのワークフロー管理機能を活用した事例としては、 出張申請から交通費の精算までの承認手続の電子化があげられます。

業務プロセスに関連したIPA情報処理試験の過去問

以下では業務プロセスに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク