情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

e-ビジネス―RFIDタグとは?EDIとは?など読み方や意味を解説

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 経営戦略 ビジネスインダストリ e-ビジネス

e-ビジネスをテーマに、RFIDの読み方は「アールエフアイディー」、RFIDタグとは何か、EDIとは何か、読み方や意味を解説しています。

目次

この記事の目次です。

1. EC

2. EDI

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. EC

電子決済システムに利用されるFRIDタグとは何かなどECについてまとめています。

電子決済システム

電子決済システムは、電子的に代金決済を行うことを言います。

FRID

RFIDは、微小な無線チップによる人又は物の識別及び管理に活用できます。 電子決済システムに応用されています。

RFIDの読み方

RFIDの読み方は「アールエフアイディー」です。

ICタグ(FRID)

FRIDのタグは、送受信回路、制御回路、メモリなどをシングルチップ化した半導体とアンテナで構成されるバッテリレス通信機器です。 RFタグは、アンテナから電力が供給されるようになっていて、電波を受信したときこれを電気エネルギーとして使用します。

ICタグ(FRID)の特徴

FRIDのタグの特徴は、汚れに強く、記録された情報を梱包の外から読むことができる点です。

ICタグ(FRID)の導入例

例えば、アパレル衣料品店の店舗において商品の万引き防止などセキュリティに使われるほか、 Suicaなどの電子マネーに使用されています。

FRIDに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではFRIDに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

e-ビジネスの進め方

e-ビジネスの進め方に関連する内容を見ていきます。

O to O

ネットビジネスでのO to Oは、Online to Onlineの略で、 モバイル端末などを利用している顧客を、仮想店舗から実店舗に、 又は実店舗から仮想店舗に誘導しながら、購入につなげる仕組みです。

検索エンジン最適化(SEO)

インターネットの検索エンジンの検索結果において、自社のホームページの表示順位を、 より上位にしようとするための技法や手法の総称を検索エンジン最適化(SEO)といいます。

ロングテール

インターネットショッピングで、売上の全体に対して、 あまり売れない商品群の売上合計が無視できない割合になっていることをロングテールといいます。

ロングテールに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではロングテールに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

2. EDI

EDIの意味やEDIの仕組みと特徴、データ交換での標準などEDIとは何かまとめています。

EDIとは

EDIとは、Electronic Data Interchangeの省略したいい方で、電子情報交換と訳されることばです。 各種伝票や帳票、管理資料など企業間取引のためのデータの受け渡しのことをいいます。

受発注や決済などの業務で、ネットワークを利用して企業間でデータをやり取りします。

データ交換での標準(EDIの規約)

取引情報の電子データ交換を実現する上で、多様な取引形態、複数の伝票フォーマットへの対応を効率良く行うためのデータ交換に関する代表的な標準についてまとめています。

EDIの取り決め、EDIの規約

EDIを普及するための規約が、以下のように標準化されています。

EDIの規約内容
レベル 規約 内容
1 情報伝達規約 通信プロトコルに関する取り決め。 ネットワーク回線の種類や伝送手順などに関する取り決めです。
2 情報表現規約 シンタックスルールといい、メッセージ形式やデータコードに関する取り決め。 標準メッセージなど、対象となる情報データをお互いのコンピュータで理解できるようにするための取り決めです。
3 業務運用規約 データのやり取り方法や傷害発生時の対処など、EDIの運用方法に関する取り決め。 業務やシステムの運用に関する取り決めです。
4 取引基本規約 企業間のEDI取引の内容に関する契約です。 EDIにおける取引の法的有効性を確立するための契約書となります。

EDIに関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではEDIに関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク