情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

ABC分析―別名でパレート分析。パレート図のランク分けの基準など。

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 企業と法務 ABC分析

ABC分析は別名でパレート分析といい在庫問題を考える上で有効な分析手法といわれます。パレート図のランク分けの基準などABC分析についてまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. ABC分析とは

2. ABC分析とパレート図

3. ABC分析のランク分けの基準

ABC分析に関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. ABC分析とは

ABC分析とは、重点的な商品管理をすべき品目を決定するための手法です。

ABC分析では、商品ごとの販売金額又は粗利益額を高い順に並べ、その累計比率から商品を三つのランクに分けて商品分析を行い、売れ筋商品を把握します。 そして、高い階層に属する商品の販売量の拡大を図るなどの対応につなげます。

2. ABC分析とパレート図

APC分析は分析にパレート図というグラフを使用するため、パレート分析とも呼ばれます。

パレート図

パレート図は、QCの七つ道具の一つで、不良品や故障、クレームなどの件数を原因別や状況別に分類し、それを大きい順に並べた棒グラフと、 それらの累積和を折れ線グラフで表した図です。

3. ABC分析のランク分けの基準

ABC分析のランク分けの基準は、分析対象の特性や管理目的によって変わります。

一般的には、売り上げ構成比の上位70~80%をAランク、80~90%をBランク、90~100%をCランクとします。

ABC分析に関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではABC分析に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク