情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

ゼロデイ攻撃とは―ゼロデイ脆弱性の意味など。

トップ 情報処理の知識体系 テクノロジ系 技術要素 セキュリティ 情報セキュリティとは 攻撃手法 サイバー攻撃の種類 ゼロデイ攻撃

ゼロデイ脆弱性の意味など、ゼロデイ攻撃とは何かをテーマに情報をまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. ゼロデイ攻撃とは

2. ゼロデイ脆弱性

3. ゼロデイ攻撃の特徴

4. ゼロデイ攻撃の対策

ゼロデイ攻撃に関連したIPA情報処理試験の過去問題

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. ゼロデイ攻撃とは

ソフトウェアの脆弱性への対策が公開される前に、脆弱性を悪用する攻撃のことをゼロデイ攻撃といいます。 脆弱性に対してセキュリティパッチが提供される前に当該脆弱性を悪用して攻撃します。

2. ゼロデイ脆弱性

ゼロデイ脆弱性はゼロデイ攻撃につながるセキュリティパッチが提供される前に当該脆弱性を意味する用語です。

3. ゼロデイ攻撃の特徴

ゼロデイ攻撃の特徴は一般に流通しているソフトウェアの脆弱性である点、パッチが提供される前の脆弱性を悪用する点です。

4. ゼロデイ攻撃の対策

ゼロデイ攻撃の対策としては以下が挙げられます。

バージョン情報の露出

ゼロデイ攻撃の特徴として流通しているソフトウェアに起因するものなのでソフトウェアの種別やバージョンが特定されないようにすることで攻撃が受けにくなります。

多層防衛対策

アクセス制限や1つの対策箇所に複数の対策を適用するなど、万が一脆弱性がつかれて攻撃を受けても被害が広がりにくくするように1つが破られても大丈夫なように対策します。

ゼロデイ攻撃に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではゼロデイ攻撃に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク