情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

IPアドレスとは―第4オクテット、スラッシュの意味などわかりやすく解説。

トップ テクノロジ系 技術要素 ネットワーク ネットワーク方式 インターネット技術 IPアドレス

IPアドレスとは何か?IPアドレスの基礎知識、第4オクテットやスラッシュの意味、グローバルIPアドレスの確認方法など、IPアドレスについてわかりやすく解説していきます。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. IPアドレスとは
2. IPv4のIPアドレスのサブネットマスク
3. サブネットマスクが分かると第4オクテットやスラッシュの意味が分かる
4. プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレス
5. IPアドレスの確認方法
6. IPアドレスに関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考
更新履歴

1. IPアドレスとは

IPアドレスとは、ネットワークを効率的に管理するため、ネットワークに接続されるすべてのノードに人為的に付番するアドレスです。 現在は、主にIPv4が使用されております。

IPアドレスとは?わかりやすく言うと

IPアドレスとは、わかりやすく言うとネットワークに接続しているパソコンやスマートホンのネットワーク上の住所です。

IPアドレスのIPの意味は?

IPアドレスのIPは、Internet Protocolの略で、インターネットのような大きなネットワークに使用することのできるプロトコルの1つです。 プロトコルは通信規約のことです。IPは通信の規約を意味します。

IPアドレスはIPのネットワークで使われるネットワーク上の端末の場所を表すアドレスのことです。

IPv4とIPv6

IPアドレスの仕様にはIPv4とIPv6があります。ここではIPv4とIPv6について見ていきます。

IPv4

IPv4とは、Internet Protocol version 4の略でのIPアドレスは32ビットで構成されます。

IPv6

IPv6とは、Internet Protocol version 6の略でIPv4では、IPアドレスが足りなくなってしまうため、アドレス空間として128ビットを割り当てらるようにした仕様です。

2. IPv4のIPアドレスのサブネットマスク

サブネットマスク(subnet mask)は、32ビットのIPアドレスの内、どこまでがサブネットワークのアドレスかを示す値です。 サブネットマスクとは何かとサブネットマスクの計算方法についてわかりやすく解説していきます。

サブネットマスクとは

サブネットマスクとは、IPv4のIPアドレスからサブネットとホストのアドレス情報の区切りなどを識別するための値です。

IPアドレスのネットワークアドレス部とホストアドレス部の境界を示すのに用います。

サブネットマスクとはの図解

サブネットマスクとはの説明を図解すると以下になります。

サブネットマスクとは―図解
図解 サブネットマスクとは

英語のスペル

英語のスペルは「subnet mask」です。

サブネットマスクの3つの意味

サブネットマスクの意味をまとめると以下になります。

サブネットマスクの例

例えば、1つのサブネットに254個のホストをグルーピングするサブネットマスクの値は、 255.255.255.0(11111111 11111111 11111111 00000000)となります。

サブネットとサブネットマスクの説明

サブネットマスクとはなにか、もっと理解度をあげるため、サブネットの知識を簡単に見ていきます。

サブネットとは

インターネットという世界レベルの大きなネットワーク、社内のプライベートなネットワークなどネットワークも種類かありますが、 サブネットとは、ネットワークをさらに複数の小さなネットワークに分割したネットワークのことをいいます。

サブネットマスクの32ビットのビット列とは

サブネットマスクの値は、32ビットのビット列になります。ビットは0か1で表現される2進数の値です。 2進数は2で桁が上がる数え方で、0、1、10、11、100・・・のように増えていく数え方です。

255.255.255.0のホスト数は256個じゃなくて254個になる

0が8個なので256個表現できますが、2つ特別なアドレスがあるため254個のサブネットマスクはこの値になります。

サブネットマスクの計算方法

サブネットマスクの計算方法をまとめていきます。

IPアドレスからネットワークアドレスを計算

サブネットマスクとIPアドレスのAND演算でネットワークアドレスが計算できます。192.168.1.0~192.168.1.255のサブネットの192.168.1.2のIPアドレスからネットワークアドレスを計算する例を見ていきます。

サブネットマスクのビット列

192.168.1.0~192.168.1.255のサブネットのサブネットマスクは255.255.255.0でビット列は11111111 11111111 11111111 00000000になります。

IPアドレスのビット列

192.168.1.2のIPアドレスのビット列は11000000 10101000 00000001 00000010になります。

ネットワークアドレスの計算
11000000 10101000 00000001 00000010
11111111 11111111 11111111 00000000
-----------------------------------
11000000 10101000 00000001 00000000

サブネットマスクとIPアドレスのAND演算より、192.168.1.0(11000000 10101000 00000001 00000000)のビット列が得られ、これがネットワークアドレスになります。

サブネットを更に分割する計算

192.168.1.0~192.168.1.255のサブネットをさらにいくつかのサブネットに分割してみようとする際を前提に計算例を見ていきます。

サブネットマスクの計算
図解 サブネットマスクの計算

192.168.1.0~192.168.1.255のサブネットを128分割する場合、ホスト数が2になってしまい、ネットワークアドレス(0)とブロードキャストアドレス(1)など、 ネットワークが作れないので192.168.1.0~192.168.1.255のサブネットを128分割することはできません。

サブネットマスクのまとめ

サブネットマスクとは、IPv4のIPアドレスからサブネットとホストのアドレス情報の区切りなどを識別するための値です。 サブネットマスクの意味をまとめると以下になります。

3. サブネットマスクが分かると第4オクテットやスラッシュの意味が分かる

サブネットマスクが分かるとIPアドレスの第4オクテットやよく見かけるスラッシュ表記の意味がわかりやすくなりますね。

IPアドレスはオクテットに分割される

たとえば、192.168.1.0(11000000 10101000 00000001 00000000)というIPv4のIPアドレスは4つのオクテットに分割されます。 左から、第1オクテット 第2オクテット 第3オクテット 第4オクテットと呼びます。

IPアドレスの第4オクテットが0

IPアドレスの第4オクテットが0は、ホスト部のビットが全て0のIPアドレスのネットワークアドレスということが分かりますね。

IPアドレスのスラッシュの意味

IPアドレスの設定方法などの説明などで、IPアドレスのあとにスラッシュと数が記載されているのをよく見かけますね。 この書き方をCIDR表記(サイダー表記)といいます。 スラッシュと数は、IPアドレスのここまでがネットワークアドレスで、ここからホストアドレスであることを表しています。 つまりこの数はサブネットマスクということですね。

4. プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレス

IPアドレスには、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスがあります。

IPアドレスはインターネット上での位置を示すためのアドレスで、インターネット全体で一意になるように設定されます。 このIPアドレスの説明はグローバルIPアドレスの意味を表します。 会社や自宅内のネットワークにこの仕組みを適用したプライベートネットワーク内で一意になるように設定されるIPアドレスもあります。 これはプライベートIPアドレスといいます。

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスとは、プライベートアドレスともいい、範囲はRFC 1918で規定されていて、通常はその範囲内で設定します。

プライベートIPアドレスは、IPアドレスの不足やセキュリティ強化に対応して、内部ネットワークでのみの使用をぜんていとしたIPアドレスです。 インターネット上では利用できませんが、同じLAN上で重複しなければ、LAN上で自由に利用することができます。

プライベートアドレスの範囲はクラスAからCに分けられていて、それぞれ以下の通りになります。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスとは、 インターネット上のコンピュータと直接、通信できるIPアドレスで、全世界で一意になっています。

インターネットに接続するときに設定するIPアドレス

グローバルIPアドレスは、インターネットに接続するときに設定するIPアドレスです。 たとえば、グローバルIPアドレスを設定したサーバが故障して使用できなくなった場合、そのサーバで使用していたグローバルIPアドレスを、 新しく購入したサーバに設定して利用することができます。

5. IPアドレスの確認方法

IPアドレスの確認方法について見ていきます。

グローバルIPアドレスの確認方法

インターネット越しに相手とやり取りするIPですので、自分だけでは確認できません。インターネット越しの相手が必要です。 グローバルIPアドレスを確認するには、インターネット上に配置しているサーバからアクセス元のIPアドレスを取得するなど、インターネット越しの通信相手から教えてもらえば確認できます。

現在使用しているグローバルIPアドレス

スマホやタブレットのグローバルIPアドレスはPCと同じで、以下に表示されているIPアドレスが、今使用しているグローバルIPアドレスになります。

34.231.21.105

グローバルIPアドレスとは?プライベートIPアドレスとは?など、以下ではIPアドレスの基礎知識からIPアドレスの確認方法までやさしく解説していきます。

プライベートIPアドレスの確認方法

プライベートIPアドレスの確認はその端末で確認できます。

パソコンの場合の確認方法

パソコンの場合はコマンドラインで確認するのが簡単です。例えばWindowsの場合はコマンドプロンプトを開いてipconfigと打ち込むことで確認できます。 MacやLinuxではターミナルを開いてifconfigと打ち込むことで確認できます。

スマートホンやタブレットの場合の確認方法

例えばAndroidの場合は設定>端末情報>端末の状態>IPアドレスのところに表示されているIPアドレスがその端末のプライベートIPアドレスになります

6. IPアドレスに関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではIPアドレスに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク