情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

データベース管理システム―DBMSとは何か、機能、特徴、役割など

トップ 情報処理の知識体系 テクノロジ系 技術要素 データベース データベース方式 データベース管理システム

データベース管理システムは、英語でDatabase Management Systemで略してDBMSといわれます。DBMSの目的、それを実現するマネジメント機能など、DBMSの機能、特徴、役割についてまとめています。

目次

このページの目次です。

1. DBMSとは

2. DBMSの機能、特徴、役割

3. データセキュリティ

DBMSに関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. DBMSとは

DBMSとは、Database Management Systemで略で、データベース管理システムのことです。

2. DBMSの機能、特徴、役割

DBMSの目的、それを実現するマネジメント機能について見ていきます。

データベース定義機能

DBMSにはデータベース定義機能があります。

データベース操作機能

DBMSにはデータベース操作機能があります。

データベース制御機能

DBMSにはデータベース制御機能があります。

保全機能

DBMSには保全機能があります。

データ機密保護

DBMSにはデータ機密保護機能があります。 データに対するユーザのアクセス権限を管理する機能があります。

3. データセキュリティ

データを共有する際に重要となるセキュリティ確保のための方法を理解できるように、 トランザクション、ロック、デッドロック、ACID特性、データ辞書などをまとめていきます。

ロックの粒度

データを更新するときに、粒度を大きくすると、 他のトランザクションの待ちが多くなり、全体のスループットが低下します。

ACID特性

データベースの一貫性を保つためにトランザクションが持っていなければならない特性のことをACID特性といいます。

DBMSに関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではDBMSに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク