情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

マークアップ言語とは―意味とHTML、XML、XHTMLなど言語の種類について解説

トップ 情報処理の知識体系 テクノロジ系 技術要素 マークアップ言語

マークアップ言語とは何かをテーマに、マークアップ言語の意味、HTML、XML、XHTMLなど言語の種類についてまとめています。

目次

このページの目次です。

0. マークアップ言語とは

1. HTML

2. XML

3. XHTML

4. スタイルシート

マークアップ言語に関連したIPA情報処理試験の過去問題

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

0. マークアップ言語とは

マークアップ言語とは、レイアウト情報や文字の大きさ、飾り付けなどを指定するタグとよばれるキーワードを文章中に埋め込んで、画像表示や印刷状態を指示する言語です。

マークアップ言語の意味について

マークアップ言語の意味ですが、JavaやC言語はプログラム言語の1つとして分類されますが、計算を記述するというまとめ方をすれば、マークアップ言語はプログラム言語であるという意味は含まれません。

IPAの情報処理試験のシラバスに記載されている分類でもプログラム言語とその他の言語と分類して記載されています。

参考書によっては、マークアップ言語をプログラム言語に分類しているものもありますが、本テキストでは、マークアップ言語はプログラム言語ではないという意味の定義を採用してまとめています。

プログラム言語とは

プログラム言語とは何かをテーマに、プログラミング言語の意味から、種類、特徴、体系、スタック領域やヒープ領域といった記憶域などの知識をまとめています。

詳細

マークアップ言語の種類

主なマークアップ言語としては、HTML、XML、XHTMLが挙げられます。XMLは拡張可能な言語でXMLを拡張したSMILなどもマークアップ言語に分類されます。

1. HTML

HTMLは、主にWebページの作成に利用されるマークアップ言語です。開始タグと終了タグで囲んでレイアウトや文書構造の指示を記述し、DTDによってタグやタグの属性のルールが定義されます。

2. XML

XMLは、HTMLの機能に加えて、独自にタグを定義することができる機能を備えています。

XMLとは

xmlとは、データを表す形式として利用される拡張可能なマークアップ言語です。 HTMLの機能に加えて、独自にタグを定義することができる機能を備えています。

DTDとXML Schema

XMLでは、タグの定義をDTDとよばれる仕様によって定義できます。 DTDは、XMLの文法と異なり不便な場合がありますが、これを補うものとしてXML Schemaがあります。 XML Schemaを使用することで、XMLの文法でタグが定義できます。

XML Schemaの用途

W3CのXML Schemaの用途は、XMLで記述される文書の構造を定義することです。

SMIL

SMILは、Synchronized Multimedia Integration Languageの略で、読み方はスマイル、XMLベースのマークアップ言語の1つです。

動画や音声などのマルチメディアコンテンツのレイアウトや再生のタイミングなどWWW上でマルチメディアコンテンツを表現するために記述する言語で、W3Cで仕様について勧告されています。

XMLとは何かの参考

参考)xmlとは―読み方、意味、タグ、属性からxmlデジタル署名など、xmlの基礎を解説。

3. XHTML

XHTMLは、HTMLをXMLで再定義したマークアップ言語です。

4. スタイルシート

スタイルシートは、HTMLやXMLなどマークアップ言語の構造と表示形式を分離するための仕様です。

マークアップ言語に関連したIPA情報処理試験の過去問題

以下ではマークアップ言語に関連したIPA情報処理試験の過去問とそのの解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

プログラミング

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

スポンサーリンク