情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

コンプライアンスとは―英語スペル:compliance、略語:コンプラ。意味や事例、設問など。

トップ 情報処理の知識体系 ストラテジ系 企業と法務 法務 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理 コンプライアンス

コンプライアンスは英語のスペルが「compliance」で略語が「コンプラ」、どういった意味の用語でしょうか?意味や事例、設問など、コンプライアンスとは何かをテーマに記事をまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. コンプライアンスとは

2. コンプライアンスの意味

3. コンプライアンスに関する事例

4. コンプライアンスを推進する上で配慮が必要なこと

5. コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象

コンプライアンスに関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. コンプライアンスとは

コンプライアンスとは、英語のスペルが「compliance」で略語が「コンプラ」で直訳すると「法令遵守」という意味の用語です。

2. コンプライアンスの意味

コンプライアンスとう言葉の意味を確認していきます。

法令遵守の他に物理学や医学用語がある

コンプライアンスの英語の意味を調べると、法令遵守の他に物理学や医学用語があります。

英語のcomplianceの意味

英語のcomplianceの意味は以下になります。

  1. the act of conforming, acquiescing, or yielding.
  2. a tendency to yield readily to others, especially in a weak and subservient way.
  3. conformity
  4. cooperation or obedience
    • the strain of an elastic body expressed as a function of the force producing the strain.
    • a coefficient expressing the responsiveness of a mechanical system to a periodic force.

和訳

complianceの和訳は以下になります。

  1. (命令・要求などに)従うこと
  2. (追従的な)すなおさ,卑屈,盲従
  3. 《物理学》コンプライアンス
  4. 《医学》コンプライアンス

3. コンプライアンスに関する事例

品質データの改ざんの発覚によって、当該商品のリコールが発生したという事例がコンプライアンスに関する事例です。

4. コンプライアンスを推進する上で配慮が必要なこと

企業がコンプライアンスを推進する上で、以下の全てに配慮が必要です。

5. コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象

コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象は取締役会の実効性です。

コンプライアンスに関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではコンプライアンスに関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

このページの更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク