情報処理のWeb教科書―IPA情報処理試験対策のお供に!

OSの機能と構成―マイクロカーネルアーキテクチャなど。

トップ 情報処理の知識体系 テクノロジ系 コンピュータシステム ソフトウェア オペレーティングシステム OSの機能と構成

カーネルの解説からマイクロカーネルのアーキテクチャなど、OSの機能と構成についてまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. カーネルとは

2. マイクロカーネル

3. セマフォ

OSの機能と構成に関連したIPA情報処理試験の過去問

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. カーネルとは

カーネルは英語のkernelです。意味は果実の芯、種、転じて核心、要点、核を意味する言葉です。 IT用語ではOSの中核部分のことを言います。

2. マイクロカーネル

マイクロ カーネルとは、オペレーティングシステムの設計思想、OSのカーネル部のことを言います。 マイクロカーネルアーキテクチャを採用したOSは、最小限の機能を持つ中核部分と、それ以外のサブシステムから構成されます。

マイクロカーネルの意味

マイクロカーネルはマイクロとカーネルを語源にした用語で、受け持つ処理を限定し、基本的な処理のみを行うようなカーネルのことです。

マイクロカーネルの機能と特徴

有名なものにMachカーネルがあります。それ以前のカーネルはモノリシックカーネルといいますが、基本的な処理以外に、APIやファイル管理システムとしても機能していました。

マイクロカーネルでは、カーネル空間で提供される機能を、メモリ空間の仮想化、プロセス制御、プロセス間通信に限定し、割り込みなども全て通信にマップします。 そしてファイルシステムやデバイスドライバといった準カーネル機能をそれらのアプリケーションとして実装し、ユーザー空間で動作させます。 またそれらの機能セットをサーバと呼ばれる単位で複数動作させます。

マイクロカーネルを採用することでこれらの機能を分散し、カーネル本来の基本処理を高速に行えます。 また、各種機能の変更や実装が容易に行える柔軟性も備えています。

3. セマフォ

セマフォは、共有資源を管理するために用いられます。

OSの機能と構成に関連したIPA情報処理試験の過去問

以下ではOSの機能と構成に関連したIPA情報処理試験の過去問とその解説をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

情報処理の知識体系

各試験の問題と解説

ランダム出題・採点アプリ

プログラミング

スポンサーリンク